学費援助をしてくれるパトロンの支援を得るための方法

学費援助をしてくれるパトロンの支援を得るための方法

パトロンに学費を支援してもらうには

学費援助をしてくれるパトロンの支援を得るための方法

 

学生が卒業するまでには多額の学費が必要です。自分で学費を支払う事を選んだ人は、アルバイトをしながら学費を支払うケースがありますが、そうなると自分の生活費も困窮して行きます。特に目標を掲げて学業に専念したいものの、学費が満足に支払えなくて目標を断念する、という人も多く居ます。若い女性では、更に学業を積む為に年上男性にパトロンになって貰って、学費の手助けをして貰う事が出来ます。では、パトロンに学費を支援して貰おう方法はどんな物があるのでしょうか?状況に応じてご説明して行きます。

 

美術館や博物館で知り合う

 

芸術や美術などを専攻している芸大生や美大生は、絵画や彫刻、服飾デザインなどでプロの道に進みたいと目標を持っている人が居ますよね。絵画や彫刻なら、美術館や博物館でパトロン候補の男性と出会う方法があります。例えば、一つの絵画を熱心に見ている男性が居れば、この画家の絵が好きですか?とそっと話し掛ける方法があります。私語厳禁の場所以外であれば、そこから話が生まれてゆくゆくはパトロン男性になってくれるかもしれません。美術や芸術に熱心な人は、その道のパトロンになってくれる期待度が大きいのです。

 

個展やグループ展を開く

 

美大生や芸大生の自分の作品が、一般人の眼に触れる機会といえば、個展やグループ展は外せません。個展とは、個人で主催する作品展覧会で、来客の人の視線をすべて自分の作品に集める事が出来ます。その反面、個展は開催費用が全て自分持ちになるデメリットがあります。グループ展は、数名の作者が作品を持ち寄って展覧会を催す方法ですが、来客の人は他の人の作品も注目しがちです。しかし、個展よりはローコストで展覧会が開けるので、お金がない学生にはぴったりです。いずれにせよ、在廊して自分の作品に興味を持っている人には、積極的に話し掛けて切掛け作りをお勧めします。

 

コンサートや路上ライブを頑張る

 

音楽の道を進み、プロのミュージシャンやオーケストラの楽団員を目指す音大生が取るべきパトロン探しは、コンサートや路上ライブを頑張って、多くの人に実際に自分の音楽を聞いて貰う事です。コンサートや路上ライブを聞く人は、音楽に興味があり、または音楽好きな人が集まる所です。貴女の隠れた才能に気付き、是非応援したいと申し出がある可能性があります。コンサートは市町村が催すイベントなどに、参加費は徴収出来ませんが無料で音大生が発表出来るケースもあるので、市町村のホームページや掲示板にある募集要項をチェックしてみましょう。数は多くありませんが、やらないよりはやった方がパトロンとの出会い率がアップします。

 

出会い系サイトで男性を探す

 

出会い系サイトは、何も友人や恋人探しだけではありません。出会い系サイトは、成人していれば20代〜60代と言った幅広い年齢層が集まる所なので、自分よりももっと年上の男性と交流が出来るのです。プロフィール記載があり、写真も載っているので、全く顔も年齢も分からない訳ではありません。音大生は授業に練習にと多忙ですが、出会い系サイトなら通学時間、帰ってからたった10分でも、お相手探しが出来ます。音楽好き、クラシックを聴くのが趣味、ギターが好きといった男性を探して交流して理解を得たなら、貴女のパトロンになってくれるかもしれませんよ。

 

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずココ!

トップへ戻る